カテゴリー別アーカイブ: 解説

ペニス増大サプリに配合されているアミノ酸系の成分の種類と特徴

ペニス増大サプリの主成分となるのはアミノ酸

ペニス増大サプリに配合されている成分と言うと、マムシやスッポンなどの動物系成分やマカや朝鮮人参などの植物系成分のイメージが強めですが、主成分となるのはアミノ酸です。アミノ酸の含有量の多さによって、ペニス増大サプリの効果の実感力は大きく変わります。高濃度で含有されているものほど、効果を実感しやすくなります。
ペニス増大サプリに配合されているアミノ酸成分には様々な種類のものがありますが、その代表格となるのがシトルリンとアルギニンです。シトルリンは血管拡張作用を持っており、ペニスへの血流量を増やして勃起しやすい状態に導きます。アルギニンは血行促進作用を持つ成分で、シトルリンの血管拡張作用の底上げをする役割を担っています。シトルリンとアルギニンという2つのアミノ酸を同時に摂取することで、相乗的な効果が狙えます。ペニス増大サプリには欠かすことの出来ない、大事なカギを握っている有効成分です。

アミノ酸の効果を最大限に引き出すためには

ペニス増大サプリに配合されているアミノ酸成分の効果を最大限に引き出すためには、めぐりの良い体づくりをすることが重要なポイントとなります。せっかくシトルリンやアルギニンが高濃度で配合されているペニス増大サプリを飲んでも、それを受ける側の状態が悪ければ元も子もありません。血液やリンパ液の循環が悪くなり代謝不足や血行不良に陥っている体は、ペニス増大サプリの効果を実感しにくくなりますので、生活習慣の見直しをしてめぐりの良い体質に改善させましょう。
そのためにすべき努力としては、新陳代謝を良くするために1日数回に分けてこまめに水分補給をする、ビタミンB群やカプサイシンやカルニチンなどの代謝促進効果が見込める成分を食事やサプリで摂る、しっかりと寝て成長ホルモンの分泌を活発にさせる、運動で筋肉量を増やしてリンパ液や血液の流れをスムーズにさせるなどがあります。加齢とともに代謝は低下して血行不良に陥りやすくなりますので、アンチエイジングを意識した対策が必要です。

まとめ

ペニス増大サプリの主成分はシトルリンやアルギニンなどのアミノ酸成分であること、シトルリンには血管拡張作用がありアルギニンには血行促進作用があること、シトルリンとアルギニンを一緒に摂ることで相乗効果が期待できることについての理解を深めることが出来たのではないでしょうか。アミノ酸成分の効果の実感力を高めるためには、めぐりの良い体づくりをすることが必要です。ペニス増大サプリを飲むだけではなく、体質改善も同時に行って実感力と満足度を高めましょう。

ペニス増大サプリに配合されている体内活性系の成分の種類と特徴

血管拡張作用を持つ成分

ペニス増大サプリの主成分と言えば、体内活性系のものです。体内活性系の成分とは具体的にどのようなものかと言うと、血管拡張作用を持つものや血行を促進させるものや代謝をアップさせるものなどがそれにあたります。その代表格となるのが、血管拡張作用を持つシトルリンやアルギニンなどの成分です。ほとんどのペニス増大サプリに、体内活性系成分として配合されています。
血管が拡張されることで、ペニスへの血流量が増えて勃起が促進されるという仕組みです。シトルリンのサポート成分としてアルギニンを配合しているペニス増大サプリも多く、シトルリンの含有量の多さが体内活性効果の高さのバロメーターになります。含有量が多ければ多いほど体内活性効果が高く、実感力もアップします。ペニス増大サプリを選ぶ際は、シトルリンの含有量に着目して比較することが重要なポイントとなります。シトルリンとアルギニンを両方摂取することで、相乗的な作用を発揮します。

代謝や代謝を促進させる成分

ペニス増大サプリの主成分となるのは血管を拡張させるシトルリンやアルギニンですが、それをサポートする成分という位置付けで配合されているのが、霊芝や朝鮮人参などの血行を促進させる成分や、ビタミンB群などの代謝をアップさせる成分です。霊芝や朝鮮人参は植物系の体内活性成分としては有名で、マカやトンカットアリなどと一緒に配合されていることが多いです。
ビタミンB群は水溶性のビタミンで、加齢や運動不足や自律神経の乱れなどによって低下した代謝を高めてくれる成分です。ペニス増大サプリの主役と言えばシトルリンですが、シトルリンの効果をアップさせるための脇役として強力なサポートをするのが霊芝や朝鮮人参やビタミンB群です。これらの体内活性系成分を同時に摂取すると、相乗効果が得られます。その他にも、ペニス増大サプリには亜鉛やローヤルゼリーやコエンザイムQ10や冬虫夏草など様々な種類の成分が配合されており、それぞれ特徴や効果効能が異なります。

まとめ

ペニス増大サプリの主成分となる体内活性系成分には様々な種類が存在すること、それぞれの成分にはそれぞれの効果効能があり同時に摂取すると相乗効果が狙えること、含有量が多ければ多いほど効果の実感力が高まることなど、ペニス増大サプリの成分について深く知ることが出来たのではないでしょうか。様々なメーカーから様々なタイプのペニス増大サプリが市販されていますので、成分表示をしっかりとチェックして選ぶことが大事です。

ペニス増大サプリに配合されている動物系の成分の種類と特徴

ペニス増大サプリに含まれている動物系成分の種類

ペニス増大サプリと一口に言っても、使用している成分は商品ごとに異なります。最近はマカやクラチャイダムといった植物系の成分を使用しているものが人気がありますが、すっぽんやマムシといった動物系の成分も増大効果が期待できるため人気となっています。

すっぽんは東南アジアに生息する亀の中まで、古くからスタミナ食として日本でも親しまれてきました。精力剤にも利用されていますから知っている人も多いと思いますが、ビタミンB群やアミノ酸も豊富に含まれているため、男性ホルモンの分泌を促進させ、結果ペニス増大効果を得ることができます。
マムシは各地に生息す毒ヘビで、滋養強壮薬として重宝されてきました。
マムシは血行促進効果がありますから、勃起効果が高まりペニス増大効果が得られます。
このように動物系の成分が配合されているペニス増大サプリも効果がありますし、疲労回復や精子量の増加効果も期待できるのでおすすめです。

ペニス増大サプリに含まれている動物系成分の特徴

ペニスを大きくするためには、血流を増やすことが大事です。そのためにはすっぽんやマムシだけではなくシトルリンやアルギンといった成分も大切です。シトルリンとアルギニンは成長ホルモンの分泌を促進し、血流を良くする効果が期待できます。どちらもペニス増大サプリの代表的な成分で、ほぼ確実に含まれています。
シトルリンは血行促進や疲労回復の効果が期待でき、アルギニンと同時に摂取すればより高い増大効果を得ることができます。
アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進したりED改善効果がある成分ですから、この2つを合わせれば効果絶大です。

これに加えてすっぽんやマムシといった動物系の成分が配合されていれば、ペニス増大だけではなく勢力増強などにも効果を発揮してくれます。
ただ気をつけないといけないことは、海外のペニス増大サプリの中には、副作用が起こるようなものも存在しますから、信頼できる国内産のペニス増大サプリを選ぶことをおすすめします。

まとめ

ペニスのサイズに自信がない男性の中には、ペニスを増大させるには手術しかないと思っている人も多いかもしれません。ただ、実際に手術を行おうと思うとなかなか勇気がでないのが実情ではないでしょうか。
ペニス増大サプリは毎日適量を飲み続けるだけで徐々にペニスを大きくすることができ、自分の体に傷をつけることもありませんからおすすめです。
もちろん飲んですぐに大きくなるというものではありませんが、気軽に利用することができますから一度試してみてはいかがでしょうか。