頚椎症の治療の事で相談をしたら・・・

頚椎損傷や脊髄損傷など頚椎症治療の現場では
急速に再生医療への期待が高まっています。
再生医療とは、京都大学の山中教授らが取り組んでいるIPS細胞を使って、
細胞から臓器を再生し、体に移植する治療法です。
運動の衝撃や病気が原因となり頚椎が損傷を受けると、
軽度の場合は手足の麻痺や痺れがおき、
重度の場合は体全体が動かなくなり歩行困難を生じ、
生活状態も寝たきりなど大きな影響を受けます。
頚椎の損傷は脊髄の破壊を伴い、
神経を通して体全体に伝わる脳からの命令伝達が出来なくなるからです。
そのような病状の人に、損傷を受けた脊髄細胞を再生し移植することで、
再び前のような生活を取り戻すことが出来るのです。
車椅子生活や寝たきりとなり、これまであきらめていた患者にとって、
歩行や普通の生活が可能になる再生医療の将来には大きな期待が集まっているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です