臨床心理士の立場から再生医療の将来性について語った

再生医療と聞くと山中教授のips細胞を思い浮かべますが、
大学院で共に学んだ臨床心理士の友人がエステサロンのHPで
肌再生医療の記事をみつけました。
火傷を負った肌を奇麗な肌に戻すことができます。
自分の細胞を利用するので、拒絶反応の心配もありません。
実用化すれば、部品を交換して修理するかのように、悪い場所を治療できます。
再生医療は、失われた細胞や組織、器官を再生して機能を回復させる、と言うものです。
テレビ番組の特集などでは、心筋梗塞に対してもカテーテル治療や
バイパス手術ができなかったケースに幹細胞治療で光が差すだろうと言われていました。
既にサルで実験・治療が行われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です